講演・講座

講 座

新潟県DV防止予防啓発事業
DV被害者で精神障害が疑われる方への相談対応の留意点について
  ~より寄り添える支援に向けて~



アルザフォーラム2017ワークショップ
「女(わたし)が女(わたし)でいられる け・ん・ぽ・う」




2017新潟県DV予防啓発事業
10月28日 pdf  10月29日午前 pdf  10月29日午後 pdf


2017チラシにいがた女(ひと)と男(ひと)フェスティバル.pdf へのリンク




2016年度 NPO法人女のスペース・にいがた 2016年度総会記念講演会
女性の貧困」 ~単身女性の貧困問題の現状と課題、 解決への道筋を考える~

※詳細は下記のチラシをクリックして下さい

      ↓          ↓

  

 

 

2015年度 女のスペース・にいがた 総会記念講演 ≪≪≪ 新潟県女性財団 団体支援事業
「戦争と性暴力」 ~沖縄から見える戦後日本~

 戦後、女性の地位向上も一見進んだかのように思えたが、依然と女性への暴力は後を絶たず、世界的にも多くの女性や子どもたちが犠牲となっています。
 沖縄での米兵による少女強姦事件についていち早く社会問題にした人、高里鈴代さんをお招きして、沖縄から見えてくる戦後の日本の歩みと現状、特に平和や性暴力の問題をお話いただき、これから進むべき日本の道はどこにあるのか、そのために私たちは何をすべきか、何ができるかを考えます。
  是非とも皆様のご参加をお待ちしております。

日程: 2015年5月30日(土)13:00~15:30

会場: 新潟県女性センター団体交流室2(新潟ユニゾンプラザ2階)

講師: 高野鈴代さん

参加費:500円(定員50名)

申し込みは5月20までに女のスペース・にいがたへFAX・メールでお願いします。

※詳細は下記のチラシをクリックして下さい

      ↓          ↓

チラシおもて   チラシうら

 

~DV被害者の自立支援について学ぶ~
女性の自立支援に向けて「婦人相談所ガイドライン」を学ぶ PARTⅡ(好評のうちに終了しました)

 DV防止法成立後、婦人相談所は、緊急一時保護、DV被害者支援の中核として位置づけられています。その業務内容を明確化し、支援の均等化、標準化を図るため全国共通の業務指標となるガイドラインが今年3月策定されました。女のスペース・にいがたは、全国シェルターシンポジウムで「よりよい支援をするための取り組み」と題し、ガイドライン策定の意義と課題を考える分科会を企画しました。
 全国シェルターシンポジウムの報告もします。「わいガヤトーク」も計画しています。DV防止と被害者の暴力からの回復と自立に向けて、あなたが考えていること、思っていることをお聞かせください。どなたでもご参加ください。

会場: 新潟市男女共同参画推進センター 万代市民会館3F「アルザにいがた」

日程: 2014年11月23日(日)午前10時~正午 

内容: 全国シェルターシンポジウム分科会より
    「よりよい支援をするための取組」の報告会と話し合い

申し込みは:女のスペース・にいがたへFAX・メールでお願いします。
11月20までにお願いします。

※詳細は下記のチラシをクリックして下さい

      ↓          ↓

チラシ11/28おもて   チラシ11/28うら

 

 

「実態から学ぶDV・デートDVセミナー」のお知らせ(好評のうちに終了しました)

ウイメンズクリニックの医師として、また「デートDV防止プロジェクト・おかやま」副代表として、若者からのメール等による相談に対応している上村茂仁さん(昨年度全国シェルターシンポジウム分科会講師。岡山県在住)からお話をしていただきます。

講師: 医師 上村 茂仁 さん

日程: 2014年9月7日 

会場: ほんぽーと新潟市立中央図書館3F(新潟市中央区明石2-1-10)

内容:
 Ⅰ部 DVを考える      10:15~12:15
     ~デートDVの実態から見える私たちの社会~
      対象:どなたでも

 Ⅱ部 デートDVの相談にのる 13:30~16:00
     ~若い人の実態 LINE、ツイッター、掲示板、メールから~
      対象:相談支援に関わっている方

 

※詳細は下記のチラシをクリックして下さい

     ↓          ↓

チラシ   チラシうら